セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

【セラピスト英会話】最低限の文法知識でシンプルに学ぶ

セラピスト向けの英会話クラス開講に向けて、いよいよテキスト作りを始めました。

いざ始めてみると、

 

「あれも伝えておきたい」

「これもよく使うな〜」

「これ使いこなせると便利」

「日本人が間違えやすいここも伝えておかなきゃ」

 

などなど、いろんなことがどんどん溢れてきて、なかなか前に進めません;

程よいボリューム感で、一通り網羅できる構成にすることが目下の課題でしょうか。

ひとり、頭をフル回転させながらあーでもない、こーでもないと格闘している時間も、なかなか楽しいものです。

 

早くリリースしたくてうずうずしているのですが、それよりもクオリティにこだわった講座をお届けすることを優先して、もうちょっと時間をかけて作り上げたいと思います。

ご興味を持ってくださったらうれしいです^^

 

 

さて、2年後に東京オリンピックを控え、ますます訪日外国人が増えてきますね。

そして、サービス業における英語力の需要も高まっています。

 

セラピストさんの中にも、英会話を学びたいという方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

とは言え、なかなか英会話の勉強に踏み出せないのは、英語の文法がハードルになっているからかもしれません。

学校で学ぶ英語、受験英語は文法が中心で、あまり楽しいものではありませんでしたよね。

当時のしんどかった思いがよみがえって、「またあれを勉強するのか・・」とテンションが下がるお気持ち、とってもわかります。

 

確かに英語を話す上で、文法を全く無視するというのは、残念ながら不可能なことではあります。

でも、接客で使う英会話に、高度な文法知識までは求められません。

 

今企画中の英会話レッスンでは、

 

・学校卒業以来ほとんど英語に触れていない

・英語に対して苦手意識がある

 

といった初心者さんでも、日本人のお客様同様、外国のお客様とのコミュニケーションを楽しんでもらえるようになることをいちばんに考えています。

 

みなさんがセラピストとしてすでにお持ちのおもてなし力を、私が英語に変換してアウトプットするお手伝いするというイメージです。

 

なので、お伝えする内容もできるだけシンプルにしています。

だいたいひとつの文章が5語から長くても10後程度。

 

Do you have a reservation? 

「ご予約はいただいておりますか?」

 

この文章で5個の単語を使っています。

 

このぐらいの長さの文章で、ご来店からお帰りまで十分に対応できます。

 

これだったら、やれそうな気がしませんか?

 

もちろんどうしてもスルーできない文法の問題もあります。

その部分も、受験英語のように混乱することなく、さらっと聞いてもらえるよう工夫して説明いたしますので、ご安心くださいね。

 

 

語学力を向上させるためなら、他にも英会話スクールはたくさんあります。

 

セラピストだからこそ必要な表現方法、知っておくべき言葉に焦点を当てて、ここでしか学べないクラスを実現できたらなと思っています。

 

このクラスがきっかけで英語に興味を持っていただけたら、接客を超えて、さらに会話を楽しめるようなレッスンも展開していきたいなとほんのり妄想しております。

 

ま、妄想はさておき、早いとこテキストを完成させねばですね。

 

内容は個人サロン、店舗サロン、どちらも対応できるように作っております。

サロン勤務のセラピストさん、プライベートサロンのセラピストさん、

どちらもご参加いただけますので、ご興味ありましたらご参加くださいませ。

 

開催場所は、都内もしくは横浜市内のレンタルスペースを検討しております。

詳細が固まりましたら、こちらもあらためてご案内させていただきますね。

 

それでは今しばらくお待ちくださいませ。

 

 

レッスン情報

〜セラピストのためのスキルアップ講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレクソロジー体験会

■ 技術チェック・サロンワークアドバイス

 

男性セラピストさんも歓迎です