セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

セラピストは体が資本

セラピストの仕事というのは、とにかく体力を使います。

 

セラピストの仕事の良い点は、いくつになっても始められること。

とは言え、残念ながら年齢と共に体力は衰えていきます。

実際に仕事のハードさを体感して、続けられるか不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

私がセラピストになったのは30代前半でした。

決して早いスタートではなく、それまで仕事で体を使うことがほとんどありませんでしたので、サロン勤務を始めた頃は、それはもう毎日ヘトヘトでした。

 

もともと体力が人より劣っていることは重々わかっておりましたので、これはなんとかせねばと、当時の私は加圧トレーニングを始めてみることに。

 

週に一度30分だけのトレーニングだったので、通いやすかったのもあったのですが、これが思いのほか効果的でした。

筋力がつくのはもちろん、体幹も鍛えられて、施術体勢も安定するようになりました。

他にも、トレーナーさんから筋肉のお話を聞けたり、自分の体に向き合う時間ができたことですごくプラスになったと思います。

 

 

ひとりサロンのセラピストさんには、助けてくれる代わりの人がいません。

 

だから、独立にあたってはご自分の体のケアを怠らないでください。

トレーニングもぜひおすすめしたいです。

私が選んだのはたまたま加圧トレーニングでしたが、ご自分が興味があるものでしたら何でも良いと思います。

ジョギングやヨガ、水泳、流行のボルダリンングとかも良いかもです。

 

筋力がついて、柔軟性も備われば施術力もアップすること間違いなし。

体が安定して、圧もかけやすくなるはずです。

 

 

健康的でしなやかな体のセラピストさんは、とても魅力的です。

お客様としても、不健康そうなセラピストさんより、元気なセラピストさんに施術をしてもらって、パワーをもらいたい!と思うはず。

 

そして、自分の体に向き合うことで、体に対する知識が増えたり、増やそうとする探究心も生まれます。

自ずとお客様へのフィードバック力も上がるのではないでしょうか。

 

 

セラピストは健康な体が資本です。

体調管理ももちろん大切ですが、忙しさで体力を消耗し、施術力にムラが出てしまうのもよくありません。

十分な体力を備えながら、疲れない体勢や施術方法も徐々に身につけましょう。

もし、体力に自信がない場合は、自分が安定して施術できる一日の施術人数を決めるのも方法のひとつです。

 

 

ひとりサロンでは、どうしても物理的な限界があります。

長く続けていくためにも、無理のない範囲で上手にコントロールしながら、毎日笑顔でお客様をお迎えくださいね。

 

あ、健康診断もお忘れなく!

 

  

レッスン情報

〜セラピストのためのスキルアップ講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレクソロジー体験会

■ 技術チェック・サロンワークアドバイス

 

男性セラピストさんも歓迎です