セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

セラピストのための接客英会話〜「ごめんなさい」と「すみません」

日本語の「ごめんなさい」と「すみません」

 

英語では"I'm sorry", "Excuse me"

 

と訳されますね。

 

この2つの表現、日本語では同じ意味で使われることがありますが、英語でも同様の感覚で使ってしまうと、おかしなことになるので要注意です。

 

今日はI"m sorryと"Excuse me"の使い分けについて、勉強しましょう!

 

f:id:btsalonworks:20180526073948j:plain

 

"I'm sorry"は謝罪のごめんなさい

"Sorry"はもともと「気の毒に思う」「残念に思う」という意味をもつ言葉です。

「自分がしてしまったことを残念に思う」から、相手に迷惑をかけた場合の謝罪の表現として使われます。

 

もし、お店の非によってお客様をお待たせしたり、ご予約に不手際があったりした時は、"I'm sorry"を使うのが正しいです。

日本語で言う、「申し訳ございません」のニュアンスですね。

 

また、"I'm so / very sorry"

と、sorryの前にsoやveryをつけると、「まことに」のように謝罪の意を強調できますよ。

 

そうそう、日本人によくあるのが、何かをしてもらった時に「申し訳ありません」という習慣があるせいで、相手の好意に対しても"I'm sorry"と言ってしまうことです。

 

これは相手からすると、「なんで謝られないといけないの??」と混乱してしまいます。

相手に何かしてもらったり、物をもらったりした時は、"Thank you!"とお礼の言葉を伝えましょう。

 

日本人は"sorry"を多用する傾向が強いです。

意味をきちんとしっかり理解して、不必要に「ソーリー、ソーリー」言い過ぎないようにしましょうね。

 

"Excuse me"はちょっと失礼します

"I'm sorry"が謝罪の気持ちを表すのに対し、"Excuse me"は「許可を求める」意味合いで使われます。

 

例えば、人の会話を遮る時の「お話中すみません」や、後ろから呼びかけて相手に注意を引きつけるときなどです。

 

また、Excuse meには軽いお詫びにも使われます。

人ごみでぶつかってしまった時

人前でくしゃみや咳をしてしまった時

など、自分の失礼をお詫びする時ですね。

 

サロンなどで使うタイミングとしては、

スタッフが何かお客様に確認したいことがあって(コース内容や時間など)、待ち合いのソファにおかけになっているお客様にお声がけする時などですね。

お客様の注意を引くときです。

 

日本語で言う

「◯◯様、失礼いたします、本日のコースなのですが・・・」

のような時ですね。

 

 

"I'm sorry"と"Excuse me"のニュアンスの違い、なんとなくおわかりでしょうか?

 

◎自分の非で相手に迷惑をかけた時は

I"m sorry

 

◎「ちょっと失礼します」とお声がけする時は

Excuse me

 

と覚えておくと、わかりやすいかと思います。

 

 

どちらも大切な表現ですので、しっかり使い分けを覚えて、サロンでのコミュニケーションにお役立てくださいね。

 

Keep it up!

 

 

レッスン情報

〜セラピストのためのスキルアップ講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレクソロジー体験会

■ 技術チェック・サロンワークアドバイス

 

男性セラピストさんも歓迎です