セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

力まない圧のかけ方

リラクゼーションを目的としたサロンでは、やはりお客様のご要望に沿った、満足いただける施術を提供することが大切です。

 

f:id:btsalonworks:20180508153508j:plain

 

特に力加減は、好みが大きく別れるところで、ここでお客様の好みにピッタリとはまり、なおかつしっかり体を緩めることができれば、リピートしていただける確率も大きく上がります。

 

ただ、この絶妙な力加減のコントロールが非常に難しいところなんですね・・

 

サロンに通うことに慣れているお客様は、比較的強めの圧を好まれることが多いです。

 

新米セラピストさんの中には、この「強めで」にちょっと苦手意識がある方も多いのではないでしょうか?

そして、お客様のリクエストに応えたいと、汗をかきながら一生懸命指や手を酷使して、終了後には指が取れてしまいそうなほどヘトヘトに・・・

 

 

がんばった姿をとても褒めてあげたいところなのですが、、、

残念。

施術方法としてはNGなんですね。

ごめんなさい。。

 

これは完全に力任せに刺激を与えている状態で、受け手にもメリットがないのです。

 

手や指先だけに力が入っていると、受け手は身体を潰されるような圧迫感を感じたり、首や肩などの局所的なところは、セラピストの力みにより、心地よさのない鋭い痛みを感じてしまいます。

 

そうすると、体は無意識に緊張状態になり、余計こわばってしまっています。

これが、「一生懸命ほぐしているつもりなのに、全く柔らかくならない」という状況なんですね。

さらには、1時間ずっと強い刺激を与え続けることで、筋肉が軽い打撲状態になり、揉み返しやあざを作ってしまうことも。

 

では強めがお好きなお客様を、こちらが疲れずゆるめるにはどうするか?

 

ズバリ

体重と力の入れる角度です。

 

指先、手先全体に体重を乗せながら圧をかけていくと、ぐーっと気持ちのよい力が加わり、嫌な痛みを感じさせません。

不快な痛さでなければ、筋肉も硬直しませんので、だんだんと体がゆるまり、こりもほぐれやすくなります。

そして、セラピストの疲れ方も全く違ってきます。

 

 

ただこの体重の乗せ方は、ずっと指先でやってきた方には慣れるのがちょっと難しいかもしれません。

ポイントは、肘の角度と手首に力を込めないこと。

肩の力を抜いて、肘を伸ばしすぎず、手首に柔軟性を持たせることを意識してみてください。

 

ベッドの上にクッションや枕を置いて、体重を乗せる練習をしてみると良いですよ。

うまく乗らないときは、ベッドの高さも調節してみてくださいね。

 

 

揉み返しは好転反応と捉える考え方もありますが、治療目的でないトリートメントにおいては、やはりない方がいいのではと思います。

 

お客様にとっても安全で、セラピスト自身も疲れない、効果的な施術法を身につけたいですね。

 

 

技術チェック・サロンワークアドバイスでは、お手持ちの技術の中で、体重移動や体勢の確認も行っていきます。

施術中に手指や腰を痛めてしまう方、一度ご相談くださいませ。

 

お問合せはこちら

 

 

レッスン情報

〜セラピストのためのスキルアップ講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレクソロジー体験会

■ 技術チェック・サロンワークアドバイス