セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

ほどよいお声がけできていますか?

トリートメントを始める前、最中、終了後、それぞれのタイミングで適切なお声がけをできていますか?

 

初めてのお客さま、恥ずかしがり屋さんのお客さまは緊張してしまって、思っていてもなかなか言い出せないことがあります。

 

◯ トリートメント前のお手洗いへのご案内

 

◯ 施術中のお部屋の温度、力加減

 

◯ 施術後ご気分が悪くないか

 

などなど、こちらからお声がけすべきことがいくつかあります。

 

特にこれからの季節エアコンを使うことも増えてきます。

ご来店時は汗だくでも、涼しい部屋でしばらく過ごすと、だんだんひんやり感じられることも。

また、体を動かしているセラピストとタオル一枚で横たわっているお客さまは、体感温度がかなり違います。

暑さ、寒さの感じ方は本当に様々。

エアコンの風が直接当たらないように、ベッドの位置も工夫するとベターですね。

 

 

そして、力加減の確認も重要です。

初めてのお客さまは、お体の状態、お好みの強さがわかるまで、様子をみながら力加減を調節する必要があるかなと思います。

 

また、初めてでなくても、その時のお疲れの度合いや部位によっても強く感じたり、物足りなさを感じることもあります。

張りが強く出ている場所は、特に注意してお客さまに痛みがないか確認しましょうね。

 

それから、腕を持ち上げたりなど、位置を変えたりするときも、ビックリして力が入ってしまわないように軽くお声がけすると良いと思います。

 

マッサージを受けることになれている方もいれば、そうでない方もいらっしゃいます。

 

セラピストにとっては普通のことも、お客さまにとってはすべてが初めてということもあります。

 

はじめのうちは、お客さまをお迎えするだけでドキドキ、行程どおりにやるだけで精一杯です。

 

それでも、上手なお声がけができるようになると、お客さまも安心して体を任せられます。

少しずつ、こういうところも意識できるようになると良いですね。

 

ほんの少しの気遣いで、お客さまの感じる心地よさはずいぶん変わってきますよ。

 

 

f:id:btsalonworks:20180426191231j:plain

 

● お声がけのタイミング

● 声のトーン

● 間隔

 

実際にシュミレーションしながら、おくつろぎを妨げない自然なお声がけを学びませんか?

⇒ 技術チェック・サロンアドバイス講座

 

 

レッスン情報

〜セラピストのためのスキルアップ講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレクソロジー体験会

■ 技術チェック・サロンワークアドバイス