セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

施術の時間配分しっかりできてますか?

実際にお客様に施術をするようになると、スクールで練習している間には遭遇することがなかったいろいろなことが起こります。

 

今日はその中の1つ、「タイムマネジメント=時間管理」

についてお伝えしたいなと思います。

 

f:id:btsalonworks:20180518105833j:plain

 

在学中は、テキストを見ながら行程を覚えて、順番どおりに進めていくという練習が多いかと思いますが、実際はなかなかそうもいきません。

 

  • 背中がガチガチで、行程通りでは全然ほぐれない!
  • お話好きのお客様と話が盛り上がってしまい、順番があやふや、時間どおりに

終われない!

  • 順番を守ったつもりが、早く終わってしまって時間が余った!

 

などなど。

経験したことがある方も多いのでは?

 

だいたいどのサロンも、メニューは時間制になっていると思いますが、セラピストはお客様の希望された時間内で施術を行い、プラス満足感を満たす必要があります。

 

ほぐれなかった、時間通りに終われなかったからといって、こちらの都合で勝手に延長するのは良くありません。

 

お客様にはトリートメントの後、別のご予定があるかもしれない。

または、

毎回所定より5〜10分長いと、お客様はそれが普通だと思われ、時間通りに終わった時に「なんだか今日はいつもより短くない?」と誤解をさせてしまうことがあるからです。

 

 

やむを得ず延長しなければならないときは、

「◯◯◯なので、今日は少し長めにお時間をいただきたいのですが、この後のご都合は大丈夫ですか?」

と必ずお客様に確認をしましょう。

 

そして、頻繁にそういったことがないように技術と行程をしっかり見直し、対策を考える必要もありますね。

 

 

逆に時間が余ってしまうのも良くありません。

 

 

もし時間が残っていたら(本当は余ることはないのですが、、、)、物足りないところはないかお客さまに聞く。

 

お疲れのところ、ほぐし足りていないところをもう一度入念にやるなど、臨機応変に対応する力も身につけましょう。

 

長めに施術することが必ずしもサービスではありません。

また、時間配分がしっかりできるようにならないと、お客様が増えてきた時に、次のご予約に影響が出てしまうようになります。

 

行程にばかりとらわれず、お客様の状態に合わせてフレキシブルな施術ができるようにしていくことも、少しずつ意識してみてくださいね。

 

 

そして、「なかなかほぐれず時間がかかる」場合は、いろいろな対処の仕方があります。

 

技術チェック・サロンワークアドバイスでは、

行程にこだわらず、お客様の体を読み取りながら、その時必要なやり方でアプローチする方法もアドバイスさせていただいております。

 

セラピストになりたての方はもちろん、お持ちの技術でさらにお客様満足度を上げたいセラピストさんにもおすすめです。

 

技術チェック・サロンワークアドバイスの詳細はこちら>>>

 

お問合せ・お申込はこちら

 

本日もお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

レッスン情報

〜セラピストのためのスキルアップ講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレクソロジー体験会

■ 技術チェック・サロンワークアドバイス