セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

サロンブログに書くべきこと?

基本的にサロンブログでの発信の仕方は自由だと思っています。

 

どういうサロンなのか、どういうセラピストなのか、余すところなくお伝えできるのがブログの良いところですものね。

 

 

ただ、読み手のことを一番に考えて内容を吟味すべきでないかなと思います。

 

 

今や集客には欠かせないとされているブログ。

おそらくサロンブログを持っている人は、

 

「自分のサロンをみつけてほしい」

「自分のサロンの魅力を知ってほしい」

 

といった未来のお客様に向けて書かれている方も多数だと思います。

 

 

その中で時々、いや、わりと頻繁に目にするのが、

 

「お客様からいただきました〜♪」

 

の差し入れ報告ブログ。

 

 

これ止めた方がいいのでは?と思ってしまうのは私だけでしょうか?

 

私はサロンブログにこういったことは一切書かないようにしています。

 

サロンをやっていると、確かにいろいろいただいたりする機会もありますし、そのお気持ちがうれしいのもとてもわかります。

 

もちろん、くださった方へのお礼を込めて書かれているのだとは思いますが、あえて不特定多数の方が読むブログに書かずとも、個別にお礼を述べるなり、次にご来店くださった時に、「美味しくいただきました」とお伝えすればいいことです。

 

 

もしサロン探しをしていた方が読んでいたとしたら、

「手ぶらじゃ気まずいから、行くのやめておこうかな」

と思ってしまう可能性は考えられませんか?

 

 

行ったこともないサロンに、行く前から気を遣わせてどーする!

とついつい思ってしまいます。

 

そして、新規のお客様だけではありません。

既存のお客様にとってもです。

偶然その記事を目にしたことで

「今まで何も差し入れしてなかった!どうしよう!?」

と急に心配にさせてしまうかもしれません。

 

「ご来店いただけるだけでうれしいです〜」

と補足があっても、文字通りには・・・です。

 

お土産、差し入れはあくまでお客様のお気持ちです。

催促を意図してないことももちろんわかっていますが、間接的に他のお客様にプレッシャーを与えてしまうこともあり得るということに気づいていただきたいなと思い

書かせていただきました。

 

毎日更新続けることが大変で、書くことがなくなりつい・・・

という気持ちもわかります。

 

でも差し入れの変わりに、ちょっとしたお客様とのやり取りや感想を記事にして、そこにさらに感想やお礼を加えることでも、お客様への感謝の気持ちは伝わりますし、お客様も読んでいて気持ちのよいものだと思います。

 

文字だけのブログは、表情が見えません。

だからこそ、言葉のニュアンスや細部にまで意識する必要があると思います。

 

 表現の自由はあっても、発信したことに責任が伴います。

記事の内容、表現の仕方には十分気をつけたいですね。

 

 

 

f:id:btsalonworks:20180425222741j:plain

 

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

レッスン情報

〜セラピストのためのスキルアップ講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレクソロジー体験会

■ 技術チェック・サロンワークアドバイス