セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

バリ島エステ留学②

前回は、私自身のバリ島マッサージ留学体験についてお話しさせていただきました。

 

今日は実際にどんなコースがあるのか、そしてコースの選び方について、

お伝えしたいと思います。

 

失敗しないバリ島マッサージ留学

 

バリにはいくつかのマッサージスクールがありますが、だいたいどの学校でも、

旅行のついでに受けられる1日〜3日の短期コースから1〜2週間のコース、

そして本格的に学べる1〜3ヶ月の長期コースまであります。

 

短期コース(1日〜3日)

 

短期コースでは、たくさんある科目から1つか2つ選んで

受講するスタイルになると思います。

 

主なバリニーズトリートメント

 

クリームバスや、ルルール、ボレは、自然の材料を使ったトリートメントです。

なかなか日本では学べない、バリ独特のユニークなトリートメント法ですが、

終わった後に水で洗い流す必要があります。

ですので、帰国後ご自分でメニューに取り入れる場合、

シャンプー設備やシャワー設備がないと厳しいかもしれません。

 

コースを選ぶ時は、帰国後にどんな風に活用したいかをあらかじめよく考えて選ぶと、

失敗が少なくなりますね。

 

 

また、数日間の短いコースでも、

サティフィケート(科目を修了ししましたという証)を発行してくれますが、

正直なところ、コースを受けただけで完全にマスターできるかと言えば、

残念ながらそうではありません。

 

もちろん短い時間なりに考えられたカリキュラムではありますが、

基本の手技や行程は学べても、練習できる時間が圧倒的に少なく、

自分のものとしてお客さまに提供できる状態までは、持っていけません。

 

もし受講するのであれば、トライアル感覚または

すでにバリニーズや他の技術を持っている状態で参加されることをおすすめします。

 

 

 

<こんな人におすすめ>

  • バリニーズマッサージ自体初めてで、試しにどんなものか受けてみたい方
  • スウェディッシュ等の技術をすでに持っていて、プラスアルファで学びたい方

 

 

 

 

 

 

 

中長期コース(1週間〜3ヶ月)

 

この辺りになると、科目も数種類選べて

興味のあるものを時間をかけて学べるようになります。

 

また、長期コースでは技術だけでなく、

クライアントへの接し方等ホスピタリティも身につけられます。

バリの人たちが本来持っているホスピタリティの高さもあると思いますが、

バリのホテルのスパなどは、本当によく教育されているなと思います。

 

彼女たちと長い時間触れ合うことで、

日本の接客とはまた違ったものを学べると思いますよ。

 

 

<こんな人におすすめ>

  • 様々なメニューを一度に学びたい方
  • 基礎から時間をかけて学びたい方
  • 現地のホスピタリティを学びたい方

 

 

ただバリニーズは手技や行程も多く、期間が長くなるほど科目も増えるので、

3ヶ月フルで学んだとしても、かなり盛りだくさんの内容になります。

 

あくまでも基礎を学ぶということを念頭において、

帰国後もご自身でのブラッシュアップを続けてくださいね。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

バリ島へマッサージ、エステ留学をご検討中の方にとって

ご参考になれば幸いです。

 

 

ちょっと長くなってしまいましたので、

現地での生活や帰国後のアウトプットについてはまた次回。

 

 

本日もお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

 

レッスン情報

〜セラピストのためのスキルアップ講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレ体験会

■ 技術チェック・サロンワークアドバイス