セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

バリ島エステ留学①

私がセラピストを目指して、一番最初に勉強したのは、

バリ島にあるスパスクールでした。

 

受講したのは「スパセラピスト養成コース」

 

2ヶ月間で、伝統的なバリニーズマッサージから、

クリームバス、ホットストーン、

ボディスクラブ、フェイシャルエステまで

スパメニューで提供される技術を盛りだくさんで学びました。

本当は3ヶ月を希望していたのですが、

なぜかそのときビザが下りず・・・

未だに理由がよくわかりません。

海外って時々こういうことあるんですよね。

 

それでも、バリで過ごした2ヶ月間は本当に充実していて、

毎日マッサージを学ぶことも、現地での生活も

楽しくて仕方がなかったです。

 

スクールの先生はみなさん現地の方なのですが、

セラピストとしてのキャリアもあり、英語も上手で、

フレンドリーな方たちばかり。

教え方も丁寧で、カリキュラムもしっかりしていました。

 

生徒さんは日本人女性が多かったのですが、

時々欧米人もいらっしゃって、

意外と男性の受講生が多かったのが印象的でした。

 

1日コースから3ヶ月の長いコースまであるので、

日々各地から生徒さんが入れ替わり来られます。

いろいろな方と相モデルさせていただくことができて、

それも良い経験になりました。

 

 

そして今日、当時の思い出に浸りながら、

この記事を書くために久しぶりにスクールのHPを見たのですが、

かなりの進化を遂げていてビックリ!

 

まぁ私が通ったのはもう10年も前なので、当たり前なのかもしれませんが、

それでもしっかりスクールとして成長させている

経営陣、先生方のの努力はすばらしいです。

 

セラピスト経験を積んだ今、もう一度新たな気持ちで受けたら、

また新しい発見がありそうです。

時間が許せばぜひ再受講しみてたいものです。

 

 

そんなバリ島への留学方法ですが、やはり一番楽なのは、

日系の旅行会社さんに間に入っていただいて、

申し込みから、飛行機、宿、ビザ全て手配していただくことでしょうか。

 

費用はお高めですが、すでにパッケージ商品として売り出されているので、

申し込み自体は簡単です。

現地でもサポートがついているので、海外旅行自体あまり経験がない方にとっては

とても安心だと思います。

 

私は極力費用を抑えたかったので、自分でホームページから申し込みました。

スクールの方で宿の斡旋もしてくれたので、全く大変なことはなかったです。

 

宿のオーナーさんも本当にやさしくて、快適に生活できました。

英語に抵抗がなければ、ご自身でトライしてみるのも良い経験になると思いますよ。

金額もずいぶん違ってきますしね。

 

 

 

それでは次回、海外のスクールでのコースの選び方と、

卒業後の生かし方についてご紹介いたします。

 

 

本日もお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 

レッスン情報

〜セラピストのための技術講座〜

 都内・横浜で開催中 

■ リフレクソロジー講座

■ リフレ体験会