セラピストのためのスキルアップ講座・サロンワーク術

価値ある技術と差がつくサロンワークを。都内・横浜で各種講座開催中。

メニューの価格設定についてー適正価格を考える

昔に比べて、いろいろな物やサービスが安価で手に入るようになりました。

しかもコスパが良いというのでしょうか、クオリティも悪くなかったりします。

 

f:id:btsalonworks:20180518105111j:plain

 

リラクゼーション業界も然り。

私がセラピストを始めた頃は、10分1,000円が一般的な相場でしたが、最近は60分3,000円程度で受けられたりしますものね。

当時の相場の半額です。

 

 

こういうお店が増えてくると、料金が高いとお客さまが来てくれないんじゃないかと、不安になってしまいますね。

 

でも、60分3,000円で経営が成り立つのは、それなりにやり方があってのことで、セラピスト1名体制のサロンで同じようにできるかと言えば、そうではありません。

 

立地を考慮したり、周辺の相場をリサーチすることはとても大事なことですが、周りに合わせてやみくもに安売りをする必要もありません。

 

近所のお店がそうだからと安易に値段を決めてしまうと、後々負担は自分のところに来てしまいます。

 

金額を下げることは簡単だけれど、上げることはなかなか難しいものです。

上げるにはお客さまにきちんと納得していただける理由が必要ですし、上げることによってより一層求められるレベルも上がります。

値上げをきっかけに来店が途絶えるお客様も出てくるかもしれません。

 

 

とは言いつつも、やはり適正価格というものがあります。

 

例えばホテルのスパはお値段が高めですが、「せっかくの旅行だし」という気持ちがあったり、空間そのものが贅沢であったり、普段サロンに行くことと来店動機自体が異なります。

 

なので、普段使いのサロンがホテルと同じような価格設定をしていて、「気軽に通っていただけるサロン♪」と言われても、残念ながら気軽さは感じられません。

 

やはり掲げているコンセプト、実際のサービス内容と料金にギャップがあってはいけないなと思います。

 

高めに設定すれば、日々の稼働率は少なくて済むかもしれないけれど、

- 来店頻度が下がる

- キャンペーン等の割引期間中しか利用されない

- 求められるレベルも高くなる

 

安ければ、集客数は上がるかもしれないけれど、

- 忙しいだけで収入とのバランスが取れない

- 価格重視のお客さまが集まり、本来のコンセプトとずれが出てくる

 

どちらもメリットデメリットがあるものです。

 

 

この金額に設定するのが正解というものはありませんが、通いやすさを重視するのであれば、

 

  1. 施術効果の持続期間から考えて、どれぐらいの間隔で通っていただくのがベストか?
  2. その間隔で通い続けるために負担にならない金額はどれくらいか?

 

といったように、まずお客様目線で考えてみましょう。

お客様にはできるだけ良いコンディションをキープしていただきたいですよね。

「このぐらいなら通えるし、体もいつも楽でいいわ〜」

と思っていただけるのが何よりだと思います。

 

 

または、コンセプトにラグジュアリー感を全面に打ち出して、富裕層のみをターゲットに絞るというやり方も良いと思います。

 

その場合はブランド感を出す必要がありますので、高めの料金設定の方がしっくりくるかもしれません。

 

いずれにしても、コンセプトと付加価値にマッチした価格設定でないと、利用する側も違和感を感じてしまいます。

 

まずはコンセプトをしっかりと定め、そこから近隣市場、同ジャンルとのバランス、運営費や自身の収入までトータルに考慮しながら、最終決定しましょう。

 

 

よくコンセプトを決めることは大事と言われますが、こういう観点からも必要になってくるんですね。

 

なかなか料金が決められない場合は、まだコンセプトがきちんと定まっていないことが

考えられます。

 

「私のサロンはこういうサロンです!」

とはっきり言えますか?

 

こだわりや特徴を明確にして、さらにそれが分かりやすく伝えられるものになっているかを、もう一度見直してみてくださいね。

 

 

なんとな〜くのスタートは禁物ですよ!

 

 

本日もお読みいただきましてありがとうございました。